;

しんみゆ.com

群馬県高崎市在住の夫婦で日記というか、つぶやきブログしてます:しんみゆ.com

鴻巣の家を見て考えを改めたところ:値段と質の話

はっきり言って、衝撃を受けた鴻巣の物件。
埼玉では結構なの知れた、いい家のハウスメーカー。

お世話になった店長さん曰く、
『物件はウソをつかない。
値段 = 質
という図式は、他のジャンルの品物よりもはっきりと出る』

という事でした。
それがまざまざとわかった訳です。

チラシや出てる情報に書かれてる家の値段は、
建売であれば、
土地代+建物+ある程度の装備+外構+庭とかのお値段ですよね。
そうじゃないところは、
分譲の土地代だけ
中古での販売価格
と、マチマチです。

良く見ないといけないのが、私道があるかどうか。
これ、お家のお値段にプラスされるんだそうです。

あまりにもお値段が安いところを見つけたら。
実は、そういったプラス要因がかくれているかもしれません。
それに、プラスして諸経費がかかります。
仲介の場合はだいたい、+150万円
直接売主業者であれば、+100万円
の購入のための諸経費がかかると思ってまちがいないです。
家の代金のほかに、これだけかかります。

購入を検討する場合の最大のポイントは『現場を見る!』です。
『立地・環境』
『建物の具合』
『土地の形』
『設備』

これ大事です。

立地・環境は、
生活するうえで必要な施設、お店が範囲内にあるかどうか。夜は静かか、日中の様子とか。住むのにストレスを感じる環境かどうか。これは何度も確認しに行った方がいいです。ご近所さんに問題時がいるかもしれません。夜はお店が近くでにぎやか過ぎて寝れないかもしれません。車が多く通って洗濯物が排気ガスで汚れるかもしれません。街路樹で家の前が葉っぱでいっぱいになって、掃除がいつも必要かもしれません。
建物は、
ながーく住める家かどうか。間取りは希望に近いかどうか。後付けのオプションが多すぎて結局は金額が膨れ上がったりしないかどうか。
土地の形は、
坪数もですがどういう形をしてるか。道は狭くないかとか、駐車場の具合とかですね。あと水はけも見たほうがいいです。雨の日、雨の日翌日など見に行った方がいいです。日当たりに関しても見たほうがいいです。探してて思ったのは、案外いわれてるような好環境の南道路に固執しなくてもいい場合もありますので。見ないとわからないです。
設備は、
耐震や購入後のサポートの確認も必須です。備え付けの装備は自分に合っているかどうかです。浄化槽かどうか、オール電化な訳も確認したいし。
あと、家の中で大事な水回り。
洗面所~の続き部屋で、畳がある場合ってカビが心配されて一流ハウスメーカーさんの建売でさえも半年売れていないという事になってます。
長く済むにはいろいろチェックポイントがあります。

それぞれの譲れないポイントをメモして、チェックしていくといいと思います。

ワシは、
長持ちする家で上下水道、都市ガスが家さがしの最低基準でした。

建売は、100%欲しい家って見つかる事はまずないです。
なので、100点満点中何点までで買うかって事を考えて、評価して買うのがポイントだそうなので。
家さがしの際は、採点してみてください。

次のお家に関する記事 >>

家を建てる カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

ページトップ