;

しんみゆ.com

群馬県高崎市在住の夫婦で日記というか、つぶやきブログしてます:しんみゆ.com

家を買うにあたり、ハウスメーカーを積水ハウスに決めました。

そもそも。
最初に積水に行ったきっかけは、
地元のハウスメーカーさんとの家のレベルの比較をしようという軽い気持ちからだったんです。
半分以上、冷やかしです。
絶対買える金額じゃないと思って行ったのです。

有名どころが集まる家の展示場に行き、
まずはミサワさんに乗り込んだんです。
地元ハウスメーカーさんに、鴻巣の物件を見せてもらったときに
2000万円じゃ買える家は、今後のランニングコストがかさむんじゃないか?と思ったので
それならばと、2500万円位で住める家って事で頑張ろう!と、予算を見直して伝えたのです。
が。
それでは無理ですと。
今、オール電化の建売が売りに出てて、最終値引きまで行ってるのが2780万円といわれ。
そこから諸経費がかかります。
と。
結局は、3000万円位になってしまうと。。

うーむ。。
うーむ。。。

悩んだまま、ミサワさんから出てきました。
のっけでつまずいたので、他のホームメーカーに行くのがおっくうになり。

どうしようか悩んでいたら、
1階建ての家があり、それが積水さんだったんです。
家のデザインが渋く、さらに言えば展示場なのに現実的なサイズの家。

展示場の家って大きくって夢ばっかり詰まっているので、参考にならないんですよ。

そういった意味で、興味を持って積水さんの展示場に入りました。
中は、個性的でなんていうか。
好みドンピシャでした。
ここ!これにする!
と、一瞬で決め。以降担当となる方にいろいろ話を聞き、
『ここはシャーウッドの2人暮らし用の展示場なんですよ』
という所から、いろいろ話をしていきました。
こちらは冷やかしで行っているのでTシャツ、ハーフパンツ。
思い切って、展示場のこの建物いくらなのー?とか聞いてみたり。
熱心ではないけど、興味あります!っていう話をして、その日は来週間取りの提案とか作りますね~で解散して終わりでした。

正直、地元の工務店さんとの差は、この時はまったくありませんでした。
ですが、この後が違います。

というのも、
あんなラフな格好で行ったにもかかわらず、
ものすっごく丁寧な間取り設計書。
しかも4案出してくれました。
1週間でそんなに。
買うかどうかもわからない段階でです。
はっきり言って、そこまで提案してくれてると思ってなかったのでビックリしました。
その時点では、高崎のほかに鴻巣も探してます~と伝えてたので、
なんと、埼玉県内の分譲地情報まで手配してくれてました。
仕事の速さと、提案力とで2回目にして
地元工務店 < 積水ハウス
になりました。

地元の工務店さんの家は、建物はもうこう建ちますって間取りが決まっています。
土地も、地元工務店さんが買い付けた土地で家が建ってる感じです。
まだ家が建ってない場所であれば、家の外壁の色などは変更できましたが、
その他は変更出来ない感じでした。
土地も住むにはちょっと・・
商業施設は近いけど、近すぎるような・・
とか。
ここかあ~っていう分譲地の場所なんです。
前にも書いた、建売のお約束の
『建売なので100点満点の家は買えないかもですが
希望に近い家を買っていただくっていうスタンスなのです。
その分、いい物を安く!って感じで作らせていただいてます!』
という話をされるわけです。
でも、見たところ高崎市内だと3000万円前後+諸経費。
そうなると、予算外です。

ここでも、悩むことになります。
地元工務店でも3000万円かかるのかあああああ。
なら、積水ハウスさんの方が、ネームバリューでみて安心できそうな気がする・・
と考えが変わっていきました。

そんな時、積水ハウスさんから今ワシらが住んでるところから程近くに分譲地があるという話をしてくれて。
そういえば、提案してもらってる間取りをあーしたい。こーしたい。っていう希望に則って間取り組んでくれてるんじゃないか?
って事に気がつき。
それにより、勝者が積水ハウスさんになった次第です。
しかも、かっこいー!っていってた、展示場の家仕様のデザインをイメージして画像が作られて来たりで
希望に近いものだったりするしです。

ここで、折り合いがつかないのがお値段です。。。

と、今日はここまで。
続きは次回~

次のお家に関する記事 >>

家を建てる カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

ページトップ