;

しんみゆ.com

群馬県高崎市在住の夫婦で日記というか、つぶやきブログしてます:しんみゆ.com

積水ハウスは高価ですと、サイト上でよく見かけますが・・

積水ハウスは一般的に高価な部類代表的な書き方がネットの口コミでされてます。
広告宣伝費やら
イベントが多数あるし。
確かにそのとおりと思います。

広告宣伝費もそうなんですが、イベントの多さと打ち合わせの多さが
どうも料金に反映されてるような気がします。

というのも。
家を買うまでに、いろいろイベントに来るようにって誘われました。

一例で、
◆積水ハウスさんと提携しているメーカーの見学会
ガス給湯器系メーカー、キッチンメーカー、トイレメーカーなどが参加したイベントでした。
◆実際の分譲地の見学会
建売の見学をしました。
◆住まいの参観日
実際に分譲地で家を建てた人の建物の見学をしました。
◆北関東にある積水ハウスの工場見学会
茨城県の工場に見学に行くバスツアーです。ほぼ1日がかりで行く積水ハウスの建物に関する見学会です。

8月末から打ち合わせをしだして、
今日までで、上記のイベント参加をするように言われました。
理由としては、イベントに熱心に参加すると営業さんが値引き交渉がしやすいということで、
いろいろ参加してくれないか?と、いう声がけがあってものです。

これだけいろいろやるくらいなら、その分のお金を削って値段下げて欲しい!!
って思うのも仕方ないくらい色々イベント行きました。

そして、毎回打ち合わせでもらう資料の多さ。
その材質というか、紙質?
いいもの使ってるなーとか、特色印刷だろう~??
っていうのをくれるんですよ。

高いだけあって、そういう所で安っぽさはないんだけど。。
もっとコスト削減で来て、その分安くなればおうち買う人がもっと増えるんじゃないかな?
って思ったんですよね。。

さてさて。
ヘナちんのヘナ小屋の建てるスケジュールは、
積水さんが都合いいように決済向けに建てたスケジュールに調整して
お値段にも、そういう都合がつく様な積水さんに都合のいい感じでスケジューリングされてます。

こちらのモットーとしては、
『住めるまでの総額が2500万円位の家が欲しい』というのが大前提だったので、
それで収まるなら、どうとでも!
っていう感じだったので、かなりお任せしてみました。
こだわる部分じゃないので、全然いつでもよかったんです。
でも、いろいろローンとかの特需?とか受けられないと困るので、
それに間に合うようにやってほしいって事でお願いしました。

とりあえず、
9月中はずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと週末は、間取りの打ち合わせ。
途中、ヘナのご両親にも来ていただいて打ち合わせ。

その間、地元工務店さんには
ヘナちんのご両親が、ご実家たてた積水さんでちょっと考えてみたら?
って言われてるので、ちょっと購入について考えたいと伝えたうえで待ってもらっていました。
値段に折り合いがつかないようであれば、この地元工務店さんで購入するつもりだったからです。

大方間取りも決まり出したころ、
『泊りに来られる部屋が欲しい』とか、要望がへなちんのご両親から上がり、
それを踏まえた間取りの4LDK+S(31坪)と、
最初の予定通りの3LDK+S(29坪)という間取りで話を進めていて、
お値段が決まる直前の直前まで悩ましてもらって、
住めるまでにかかる費用を両方出してもらい、結局は4LDK+S(31坪)の間取りの方で決着しました。

この間取りで決まるまでに、
間取りの提案は、4LDK+S(31坪)と3LDK+S(29坪)2パターン×4週分
見積もりは、4LDK+S(31坪)と3LDK+S(29坪)2パターン×2週分
家の装備・施設に関する資料は各種。
ものすごい量の書類が手元にあるわけです。

この資料作成にかかわった人数やら、日数やら。
それを考えたら、確かに高価だけどコスト的にどうなんでしょう。。
そんなに高くないのかもしれないですよ。
と思いました。

毎回、こうしたほうがいいとかなんとかー
っていう資料は古いのとごっちゃにならない様に、積水さんで回収してくれるし。
実際契約に当たった時には、専用の契約袋と契約資料を閉じるための専用バインダーなど、
一式積水ネームが入ったのをくれました。
なんと。。
恐るべしです。

こーゆーのもネームバリューになるかもですが。。
コスト削減できるところじゃないのかなーっていうのを感じました。

かなり打ち合わせ回数が多い事、
イベント回数が多い事、
その他もろもろ。
全部料金にかかってくるんですが・・
それでも、それが納得できるお家につながってるのであれば
高いけど、いい買い物になるんじゃないかと。
妥協できない一生を通して払い続ける買い物。
出来る限り、希望の家がいいもん。
と。
購入を決意したのには、そんな所で決定した感じです。

他にもカスタマーサポートがあるんですが、
それはまた後程。

次のお家に関する記事 >>

家を建てる カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

ページトップ