;

しんみゆ.com

群馬県高崎市在住の夫婦で日記というか、つぶやきブログしてます:しんみゆ.com

本格打ち合わせ1回目:設計担当さんと話をすすめる

積水ハウスに引き渡し日を指定されていたので、
そこをケツにスケジュールを建ててあります。

なので、今月に入ってから
1回目は、設計担当さん
2回目は、設計担当さんインテリアデザインさん

と話してるわけです。

今日は1回目の設計担当さんと話したことをメモ。

ヘナ小屋を契約する時、
契約 = この家を買う
という事と思ってたんだけど、
話が進んでいくうちに、契約 = 積水ハウスで家を買う
っていう約束だって事がわかったんです。

なんと!
なら、今まで頑張って間取りに関してあーだこーだやらずとも良かったのでは?
と思ったんだけど。
今思えば、日程的に9月いっぱいで目一杯この家を買う!
っていう勢いで間取りを詰めといて正解でした。

10月7日(日)は13:00~の設計ついての話し合い。
営業さんとお茶を持ってきてもらえる人以外で、
初めて違う人が担当として会うわけです。
設計かー
女子かなー?
女子がいいなー
と思ってたら、メンズでしたが・・

設計でまず、提案の間取りについて今までの話し合いのおさらいをしました。
窓の数と位置。
部屋数と部屋の位置。
など、まずは家の確認でした。

次は性能とか機能の話です。
窓ガラスをどういった性能の窓を付けつかという話しをしました。

ワシらのプランでは、ガラスが好きなタイプでつけられます。
遮熱タイプと、高断熱タイプ。
『遮熱タイプ』はその名の通り熱を通さないもの
『高断熱タイプ』は外からの熱は入るが中の熱を外に出さないもの
という事で、どのくらい違うかっていう実験装置が積水ハウスの支店にあったんです。

実験させてもらったら、
『遮熱タイプ』は、マジ全然あったかさを通さない仕様。
ホントに、全然熱が届かないのでびっくりですよ。
夏はこっちがいいのかな。光は来るけど熱がないからクーラーの効率がよさそうです。

『高断熱タイプ』は、あったかいけど攻撃的ではなかったです。
夏より、冬のためのガラスかな。
ほんわか日差しが部屋に暖かい空気をおとどけ。
でも部屋の温度は逃がさないので、温かいままって感じでしょうかね。

どちらにしても、カーテンで高機能なのが出てるので
それで、遮熱カーテンやら遮光カーテンで対応すればなおの事、効果が出ると思いますよ。
窓は、南は透明、その他はカスミっていう外から見えにくい素材にしてもらいました。
一階と一階と二階問わず、人が出入りできる窓には防犯仕様の窓になってます。

その他、作ってあった間取りで
こうしたほうがいいんじゃないか?と、設計の人に言われたのは
ブレーカーの位置です。
ブレーカーは目につかない様に、洗面所に置くのが通例ですが
届く位置で、切れたらすぐにつけに行けるようにしたい!
と思い。
通常視界には入らないっていう場所に変更しました。
ワシの手が届く高さにするとなると、そこの位置しかないんですね。
なにせ、一階は壁があまりない家なんです。

二階の変更点は、
寝室のウオークインクローゼットの棚とハンガーの割合変更です。
今のアパートの利用状況から、棚よりもハンガースペースが広いほうが使いやすいんじゃないかと
変更のアドバイスをもらいました。

追加は、
一階洋室の階段下収納を追加。

削除は、
寝室のクローゼット入口の折り戸をなくす。

でした。

翌週のため、
大まかな各部屋のコンセントの数
家具の配置予定
キッチンのタイプ
を聞かれてこの日は解散でした。

家の中で一番のこだわりはコンセント。
次回の打ち合わせに気合が入る~!!
って帰っていきましたとさw

次のお家に関する記事 >>

家を建てる カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

ページトップ